不動産投資情報なら「初心者歓迎!不動産のあれこれ」
 

メニュー

リフォーム

家設計

別荘

別荘を選ぶ

ログハウス

お問い合わせ

家設計

今回取り上げる方法は、「家設計」です。意味としては、「人生設計」の家版みたいなものです。

家設計とは?

「家設計なんて聞いた事ないけど?」なんていう方もいるかもしれませんが、当然でしょう。この「家設計」は、管理人の持論のような物ですから、普通に考えてあるわけがありません。管理人の「家設計」とは、人生設計を先を考えた家の設計の仕方です。簡単に言えば、失敗することが少ない方法をいいます。あなたも聞いた事あると思いますが、リフォームでの失敗をできる限り減らす方法です。

話を進めていく前に、あなたがリフォームを考えるときはどんなときでしょうか?おそらく、ライフスタイルが変わったときや、使いづらくなったときと考える方も多いと思いますが、なぜ、それを想定して家を設計してもらわなかったのでしょうか?普通に考えて、結婚したら子どもができるのは当然のことですし、使いづらいといった場合は論外でそんな設計をどうしてしたのかが分かりません。

この、家設計は、人生設計して先を(想定できる範囲内で)考えての家の設計を依頼するという事です。また、実際使ってみたらどうかまでを考えてみることも大事です。リビングとキッチンを分けたい、わける方法は敷居を作る、「狭くならないか?暗くならないか?使いづらくないか?」などを想定してみることが重要なのです。失敗する方で共通していることは、実際に使ってみた場合の想定していないということにあります。

選択肢の消却

リフォームで失敗する方に多いのが、この選択肢の消却です。不満を見つけ、改善方法の案を打ち出した場合、なぜか勝手に「リフォームをしない」という選択肢を消却する方がいます。物が多いなら整理して「売る、捨てる、あげる」などをしないで、物が多いからリフォームして収納スペースを作ろうと考える人もいるのです。しかし、基本的に、家全体のスペースは変わりませんので、結果的に部屋が狭くなってしまう結果になりやすいのです。

また、リフォーム時でも多いのが、料金による選択肢の消却です。料金などの問題から、もともとのリフォームの目的を見失ってしまい、リフォームで一番直したかったところがそのままという方も多少いるそうです。こういった場合は、優先順位をつけることが重要です。金額を気にするのは仕方ないのですが、これが今後のためになることが確実なら、ローンの検討も考えるべきです。

リフォームでの金額で、どういった工事を行うかも聞いておく事が重要です。工事内容は会社によっても違いますので、値段だけでいい会社、悪い会社は言えないことが多いのです。例えば、壁の修復をお願いした場合、壁全体を行う場合と、修復箇所だけを行う場合もありますし、工事範囲や使う材質、材質の厚さなどでも料金が変わってきます。そのため、料金を下げてもらえる場合もあるのです。一番直したかった所が料金をオーバーしたなら交渉してみましょう。

ただ、安い材質を使ったから傷が付きやすくなるという場合もありますので、どこを削ってもらうかは考え物です。この辺はプロである会社との相談をしてください。

recommend

犬のダイエット方法

最終更新日:2018/12/27

↑ページの先頭へ↑

Copyright (C) my home net. All Rights Reserved