不動産投資情報なら「初心者歓迎!不動産のあれこれ」
 

メニュー

リフォーム

家設計

別荘

別荘を選ぶ

ログハウス

お問い合わせ

別荘

普通、別荘なんて聞くとリッチな人を思い浮かぶという人も多いでしょう。管理人もその1人です。また、別荘=ログハウスってイメージありませんか?雄大な自然の中にログハウスを建て、夏は外でバーべキュー、冬はログハウスの中で暖炉で暖まる…というイメージを持っている管理人です。ログハウスって環境にも私たち人間にもとっても優しい建物だってご存知でした?!

別荘について

別荘は、今ではお金持ちや一般人の人も持っている方もいるでしょうが、もともとは、天皇や貴族といった、身分の高い人のみが所有していることが多かったそうです。毎日、畑を耕して作物を作っていた農民などにはもう1つの家があっても意味がありませんし、何より、ゆっくりすることはできなかったでしょう。そのため、別荘は身分の高い人しか必要としていなかったと言う点もあると思います。

今でも、一般的に家を2つ以上持つという事は、早い段階でローンを返済し、もう1つの家のローンを返せると言う保障がなければなりません。そのため、やはりお金持ちという人が持っているのが普通です。しかし、別荘を持っている事と持っていない事では、ステータスに大きな違いが出てきます(基本的に、財力など)。そのため、別荘をあこがれにする方も少なからずいるようです。

基本的に、別荘の目的は街中を離れ、人が少ない場所で、ゆっくりと過ごしたり、避暑や避寒などを目的とした場合の一時的な住居となっています。そういった、利用のために、別荘は人が少ない場所を選び、そこに集まる人が増えることによって、別荘地となります。有名な別荘地では軽井沢や那須といった場所でしょうが、探せば他にも穴場があるのではないでしょうか?

別荘での目的

別荘で何を行うのかは、人によってそれぞれだと思います。ゆっくりと過ごしたい、避暑や避寒、小旅行など様々あげられますが、それ自体は人の好みになると思います。別荘での目的が明確なほど、こだわらなければいけない場所も決まってくるのですが、基本的に通学や通勤などの目的ではないので、こだわる点は本気で「自分の趣味」でも、問題ないと思います。

ゆっくりと過ごしたいのでしたら、別荘地として有名な場所ではなく、少しランクを落とした場所など、基本的に西側のほうが時間にルーズと言われているので、九州や四国などの場所はどうでしょうか?避暑や避寒なら、熱くない北海道や、寒くない九州や沖縄地方など、小旅行なら、家から数時間でいけるようなところなど、選択肢は数多くあり、それこそ人のこだわり次第でいくらでも出てきます。

別荘は、どれくらいの頻度で使用するかも、人によるでしょうが、自分の住む家と別としての家ですので、何年も放っておいたら老朽化したり、ホコリが溜まったりなどの問題も多くなります。そのため、別荘を留守にしている間は、管理会社などに任せるといいと思います。警備してくれる所かどうかは聞いてみるしかないでしょう。場合によっては、防犯対策などのセキュリティグッズなどを利用するなどを考えなければなりません。

このような点を考えて、別荘を購入するかどうかの判断をするべきです。必要ないなら、キッパリと諦める事も重要なのです。また、場所によっては虫なども多くいます。虫が多いのは自然の中では当たり前なので、虫が嫌いと言う人は向いていないと言えます。これらの虫は、鳥達のえさとなりますので、いなくなれば、鳥たちもいなくなります。冬だと少なくなるでしょうが、苦手な人は、家に入れないようにすることでしょう。

check

税理士を全国から探す

2019/1/11 更新

↑ページの先頭へ↑

Copyright (C) my home net. All Rights Reserved